口元のシワを解消する方法

美容に関心がある人によって悩みの種の一つに、口元にできるくっきりとしたシワがあります。口元にシワがあると、それたけでぐっと年をとって見えるようになりますので、ないほうが望ましいものです。口元にシワができてしまう大きな原因は、肌のたるみによるものです。皮膚は筋肉につながって体と一体化していますが、口の周りにある口輪筋という筋肉が加齢などで弱まると、皮膚の位置を留めておきづらくなります。この口輪筋が衰えてしまうと、周りの表情筋も動きにくくなってしまうので、たるみが起こるだけではなく、表情が乏しくなってしまいます。シワができる上、表情があまり変わらなくなると、ますます年をとった印象になってしまうので、気をつけましょう。口輪筋を増強することで、口元にあるシワを目立たなくすることが可能だといいます。背をピンと伸ばして、鏡に自分の顔を映して、口輪筋の運動をします。軽く口を開けて、舌を前に突き出し、右回りに50回程度、くるくると回すようにして、口の周りを意識して動かします。いきなり50回の回転は難しいかもしれませんが、数を減らしてスタートし、徐々に回す数を多くしていってもいいでしょう。右回しが終わったら、次は同じように左回しを50回行うことで、シワの解消に役立ちます。右、左と50回ずつを1セットにして、1日2セット、どの時間でもいいから実践します。可能な限り毎日続けることが、口元のシワ解消に有効です。

LAVA 男性