くすみやしみになる原因と対策方法について

肌は年齢とともにしみやほうれい線シワ、くすみなどの肌のトラブルが増えていきます。お肌の問題は起きないことが一番ですが、繊細な面もあることから、肌のお手入れに手間取っている人は少なくありません。肌にくすみやしみができるのは、紫外線の影響だといいます。強烈な紫外線からお肌をガードすることで、肌の白さを保つことが可能になります。紫外線にさらされた肌は、肌細胞の中でメラニン色素を生成し、紫外線に対抗します。メラニンが生成された状態にあるときに、加齢による肌のターンオーバーの乱れなど肌の調子が悪いと、メラニンが肌に残ってしまいます。しみやくすみができるのは、メラニン色素が皮膚にいつまでもある時といえます。しみやくすみの原因から考えると、紫外線の対策さえしっかりしていれば大丈夫だと考えられますが、それだけでは不十分なのです。皮膚の外側が、古い角質層のままだとしみやくすみが残りやすくなるということも、理解しておきましょう。お肌の奥にまで、美容効果のある成分を届けたいと思っても、角質層が固くこわばったままでは、せっかくの美容液成分も到達できません。肌に合う、洗浄力のいい洗顔剤を使うことで、古くなった角質層をひれいに洗い落とし、しみやくすみのない肌になることが可能です。洗顔後は、美白成分が配合された美容液の利用も、くすみやしみ対策には効果が期待できます。肌のくすみや、しみを目立たなくしたいと思っている人は、ハイドロキノン、プラセンタ、ビタミンC誘導体の美容液が適しているようです。

ミュゼ ミーナ津田沼