紫外線とニキビの関係

ニキビには、紫外線の影響も考えられます。

紫外線はニキビの原因にもなり、ダメージを与え易くなるので、炎症や悪化にも繋がります。
ニキビ予防には紫外線対策は必須です。
無防備な状態で紫外線を浴びると、肌を守ろうとして角質が更に厚く硬くなる過角化が起きます。過角化が進むと毛穴が塞がってニキビができやすくなり、炎症や悪化を起こします。
また紫外線は肌の水分を蒸発させるため、バリア機能を低下させます。

また、ニキビ対策でピーリングなどの角質ケアをしている場合も、肌のバリア機能が低下しています。ピーリングを行った後は、特にしっかりとUVケアをしないと、かえってニキビを悪化させてしまいます。
ニキビができていても、UV対策として日焼け止めを塗る必要があります。

またオイルフリーも大切です。
日焼け止めに含まれている油分が酸化して、ニキビの原因になったり炎症を起こしたりする場合があります。
ニキビ肌には紫外線吸収剤が入っていない物を選ぶとよいでしょう。紫外線吸収剤は「アレルギー等の皮膚障害を引き起こす恐れのある成分」として、旧表示成分に指定されています。
常識ですが、無香料、無着色も大切です。肌への負担をできるだけ軽くすることを優先し、配合成分の少ないものを選びましょう。UV効果には影響のない香料や着色料は不要な成分と言えます。
これらの全てをクリアーしているニキビ用美容液【パルクレール美容液】は大切です。
【パルクレール美容液】