面接時に質問される転職理由について

転職の動機については、中途採用に応募する場合はほとんどの企業が聞いてきますので、そのつもりで準備をしておく必要があります。

転職の動機は言いづらいことや、大きな声では言えないこともありますが、そういう場合はどうすればいいでしょう。

採用面接の場では、なぜ転職を決断するに至ったかを、赤裸々に話すべきでしょうか。

給料や仕事内容のほかにも、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいることでしょう。前の職場で働いていては、家族の介護ができないからという理由を持つ人もいます。

人間らしい生活をしたければ、お金が必要です。お金を稼ぐためには、どこかの会社に採用される必要があります。そのための面接で、事実を語ることは必要なことといえるでしょうか。

転職を決めたきっかけが、ポジティブなものではなかったとしたら、それをありのままに話して、面接官の心象が同情的なものになってくれるとは限りません。

それでは、採用担当者によく見られたい一心で、自分の可能性を活かしたいからだと、前向きな言葉を連ねればいいのでしょうか。

思ってもいない発言をすると、後々でそれに付随した質問をされた時に、つじつまの合わない答えを返してしまうことがあります。

採用担当者にいい印象を持たせるためには、ネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていく方法があります。

周りの人と考えが合わずに辞めたという人は、より可能性を広げられる職場に移ることで、のびのびと働ける環境を作りたかったと表現できます。

ありもしないことを語るという方法ではなく、起こった出来事をポジティブな言葉で再構成をするつもりて話すようにしてみてください。

 

看護師 転職 理由