実年齢と見た目年齢

『実年齢』と『見た目年齢』、どちらを気にしますか?
10代の頃は見た目年齢なんて気にしたこともなかったけど、30歳を目前に、最近ではもっぱら『見た目年齢』を意識しまくっております。
実年齢は変えられませんが、見た目なら努力次第でいくらでも変えられる。

年齢よりも10歳若く見せることだって不可能ではないですよね?
その『見た目年齢』に大きな影響を与えているのが、『血管年齢』なんだそうです。
努力をするなら身体の外側ではなく中から、と言うことになりますね。血液の循環が良ければ、肌にも髪にも良い影響を及ぼし、自ずと見た目も若々しく…!!
血管年齢を若く保つには、十分な睡眠を摂ること。「夜ふかしは肌の大敵」って言いますものね。
あとは青魚を積極的に食べることと、チョコレートも効果的なんだとか!?「え!?チョコレート?」と思いましたが、私が連想した甘くて美味しいチョコレートでは、当然ありませんでした…。

カカオ分70~90%の低糖のカカオポリフェノールが豊富なチョコレートには、エピカテキンという成分が含まれているらしく、錆び錆びな身体を若返らせてくれるとか。当然食べ過ぎはよくありませんが、程よく摂取して、いつまでも若々しく健康な身体でいたいものですね。
ニキビ跡の 色素沈着を消すベルブラン