水素の浸透力は驚きの小ささが理由!

水素が体に浸透していく理由

なぜ水素は簡単に体の隅々まで浸透して、その効果は発揮するのか?
それは「水素」のサイズにあるのです。

水素原子のサイズ?と疑問に思いますよね?
水素原子は直径「0.00000001cm(1億分の1㎝)」と宇宙一小さい物質なのです。

では0.00000001cm(1億分の1㎝)ってどれくらいのサイズだと思いますか?

地球の大きさは「1,200,000,000㎝」ですので、ゴルフボールの約3億倍。
ゴルフボールは直径4㎝ですよ。

では水素原子はというと。
約4億倍です。

水素原子を約4億倍したサイズがゴルフボールになるのです。
すごいですよね?
水素の効果・効能って「小ささ」がとても重要。

冒頭「宇宙一小さい物質」だと表現したのも、そのミニマムサイズがいかに小さいかを伝えたかったからなのです。

そのおかけで細胞の隅々までいきわたることができるのですね。
普段取り込んでいる「ビタミンC・コエンザイムQ10」などが通過できない場所も簡単にいけちゃいますから、その効果は絶大ですよ!