泣いている赤ちゃんを泣きやませる方法について

泣いている赤ちゃんを泣きやませる方法を、3つ紹介します。
1つめは、ビニール袋を擦り合わせた時に出る、ガサガサという音を赤ちゃんに聞かせる方法です。ビニール袋を擦り合わせた時に出る音は赤ちゃんが胎内で聞いていた音に似ているので、この音を聞くと赤ちゃんは安心して泣きやみます。ビニール袋はかさばらないので、外出先で赤ちゃんが泣きだしてしまった時のためにバッグに入れておくと便利だと思います。
2つめは、スマートフォンアプリを使う方法です。赤ちゃんを泣きやませることができる、様々な音を出してくれるスマートフォンアプリがあります。スマートフォンにアプリをインストールしておけば外出先でもすぐに使えるので、便利です。色々なアプリが出ているので、自分のお子さんに合ったアプリを探してみてください。
3つめは、バウンサーを使う方法です。バウンサーとは、赤ちゃんに心地よい振動を与えてあげる、椅子のようなものです。心地よい振動があると、赤ちゃんは安心して泣きやんでくれます。赤ちゃんが自分一人で揺らして遊べるので、赤ちゃんから離れて家事をしたいときに重宝するでしょう。
「赤ちゃんは泣くのが仕事」とも言いますが、公共の場にいるときや、家事をしたいときに泣かれてしまうと困ってしまうこともありますよね。そんなときに、今回紹介した赤ちゃんを泣きやませる方法が役に立てば嬉しいです。