交通事故と保険治療

交通事故で病院に行って治療を受ける場合、病気のときにいつものように健康保険でまかなわれると思っている方も多いかも知れません。

交通事故の場合、健康保険による保険治療を使えずに自由治療になるって本当でしょうか。実際には、絶対に保険治療ができないかというと必ずしもそうではありません。交通事故の治療費の中で被害者の過失による部分は被害者が負担する分になります。被害者にも過失があって、相手が自動車の任意保険に未加入だった場合の治療費が自賠責の補償限度額を超えてしまう場合には、健康保険を利用したほうが良いのです。加害者が悪いのだから相手に全ての損害賠償をさせるのが当然で自分の保険を使う必要がある意味が分からないという方もいますよね。交通事故で健康保険の利用と言うのは第三者行為による傷病届なので加害者側の交通事故の保険会社に請求する形になります。事故に遭わされたのにと感情的になることもあるでしょうが、細かい流れは、損害保険会社や保険代理店など専門家に説明してもらう必要があります。実際には、健康保険が適用されるケースもありますが、交通事故のケースによっても複雑なので専門家の話を聞きながら手続きを進めていくのがベストです。上田式腱鞘炎解消プログラム 上田康浩