ダイエットの停滞期について

しばらくダイエットを続けていると、体重が減らなくなる停滞期に差しかかることがあります。

せっせとダイエットにいいことをしているのに、停滞期は効果があがりませんので、気持ちも盛り下がります。何度もダイエットに挑戦しているのに毎回失敗してしまう人の多くは、停滞期の過ごし方にあるようです。ダイエットに失敗した原因は、停滞期だったという経験のある方は少なくないはずです。停滞期に差し掛かると、ダイエットを始めたばかりのころから減っていた体重の変動が、なくなってしまいます。頑張った分だけ結果が出ていたはずのダイエットが、全くやりがいがなくなってしまって、気持ちが続かなくなります。頑張っているのに全然痩せることができなくて、精神的にもストレスがたまってしまい、うっかり食べ過ぎてしまったという人もいるようです。

今の体重の5%が急激に減ると、人間の体は非常事態に陥ったと解釈して、停滞期にすることが体を守ろうとします。体重が5%減少すると、人の体は本能的に体が危機的状況になっていると察して、生命維持のために省エネモードに入ります。体が省エネモードになると、基礎代謝が減って、脂肪を体に貯めこもうとするので、痩せにくい体に変化してしまいます。停滞期は、どんな長くても1週間から1カ月くらいで終わります。大事なことは、停滞期中にダイエットを放棄しないことです。ダイエットがうまくいかないと感じる人は、停滞期でやる気を失うことが多いようですが、停滞期を何とかすれば、ダイエットはうまくいきます。キレイモ 銀座