メーカーやユーザー的には

WiMAX機器は、どんどん高性能化されています。特に、通信速度が速まり、今の時点で、220Mbpsと言う脅威の通信速度を叩き出しています。
しかし、最近になって通信の速さより、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。

最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。その訳は、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限と言われる3日間で3GB以上の通信を行ったユーザー対象の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。(→WiMAXの価格や口コミが気になるあなたへ

その為、メーカーやユーザー的には、そこに対して配慮した機能にニーズを見出しているのです。WiMAXを手に入れると、WiMAX本体しか使わないので、部屋の中がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。方法として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。
電機屋で、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。

私にはWiMAXがありますから、当然、そんなものは不要です。
そんなわけで、店員に対して断りを入れると、驚くような回答が返って来ました。
WiMAXだったら、台風の日とか、受信できなくなるでしょう?ですが、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。台風の中でも、WiMAXの受信が悪くなったり、そう言う経験は一度もありません。

 

WiMAX機器は通常の値段が20000円しますし、クレードルセットで22
750円もします。それなりの価格となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

そう言うわけで、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。
プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。

 

WiMAXは幾つかある料金プランの選択が必要です。

プロバイダによって多少の違いはありますが、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。

その料金プランですが、通常プランとギガ放題プランの2種類です。

ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。

 

反対に、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。
どれだけ通信を行なうか自分の環境を検討しつつ、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。