私の趣味は読書

ハードカバーから携帯小説まで小説であれば形式・文体関係無く読みます。

恋愛・歴史・推理小説・SF・ファンタジー・純文学・古典文学・伝記・エッセイ・実用書等、ジャンルも問わずになんでも読みます。とにかく、活字中毒なんじゃないかと思う位に、活字を読むのが好きです。活字であれば教科書すら読みます。逆に活字が好きすぎて、バックに一冊以上本が入ってないと落ち着かないぐらいです。

ただ、自分でも変わってるなと思う事がありまして、自宅で本を読むのは余り好きではないんです。なので、いつも通勤中の電車の中か、喫茶店で読みます。特に新刊を買ってきて、「さあ、読むぞ!」という時は、お気に入りの喫茶店でお気に入りのコーヒーを2杯位頼んで(2杯目が200円になるのです)、2・3時間居座ってじっくり読みます。何故か自宅では集中して読めないんです。図書館で借りた本や、何度も読み返している本は電車の中や仕事の休憩中に読みます。

一番好きなジャンルは歴史!その次に推理小説、古典文学、ファンタジーが好きです。

また、漫画も好きで、自宅と実家の蔵書数は全部で1000冊は軽く越えます。

漫画喫茶も、小説喫茶も余裕で開ける位には冊数あります。親にはたまには売ったり捨てたりしなさいよと言われますが、そんなこと一冊たりとも出来ません!例え、もう二度と読み返さない本でも、その背表紙が本棚に収まっているのがいいのです!その背表紙を見る度に内容を反芻するのがいいのです!それに、丸々一冊読み返さなくても、たまにワンフレーズだけとか、思い入れのある章とかだけ読みたくなるんです。

因みに、実家ではかつて私の部屋だった場所は本棚専用ルームになっており、ゆったり出来るソファーに座り、いつでも読書が楽しめる仕様になっております。

ブリアン歯磨き粉