主婦がキャッシングを利用する場合の注意点

たくさんのキャッシング会社が個人向け融資を行っている中で、主婦でも利用可能なキャッシングは非常に喜ばれています。

かつては、キャッシングを利用するには、正社員などのコンスタントな月収が条件になっていました。この頃は、社会のニーズに応えるためや、顧客獲得のためにキャッシングサービスも充実しており、主婦でも使えるようになっています。けれども、もしも主婦がキャッシングの申し込み手続きをしたいなら、あらかじめ準備しておきたいことがあります。今のところ、日本国内でキャッシングサービスを利用するに当たっては、年収の3分の1までが融資可能であるという、総量規制という法律が存在します。最近は、働く主婦も大勢いますが、キャッシングの借り入れ希望額が年収の3分の1をオーバーしている場合は、総量規制がありますので、審査に引っかかってしまいます。仮に、総量規制の枠を越える金額の融資を受けたいと思ったなら、配偶者貸付制度を活用する必要があります。

自分の収入がなくても、配偶者の収入があれば、その3分の1まで融資を受けられるというもので、条件として配偶者の同意を得なければなりません。銀行が貸し付ける分は、総量規制の制約がありませんので、銀行で融資を頼むという方法も、主婦にとっては有効です。希望額によっては、銀行ならば融資も可能かもしれませんが、それでも世帯の収入があることが基準になることがあります。融資の申し込みをする時には、他の金融機関からの借り入れを可能な限りなくしておくことや、書類は性格に記載することが大事です。金融会社は、キャッシングを希望する主婦が、貸したお金をしっかり返せるかどうかを、書類の内容や、正確性から見極めているものです。アリシアクリニック vio