顔のたるみの原因

加齢と共に顔にたるみが目立つようになるのは、どんな人でも避けられないことです。どうして顔はたるむのでしょう。肌のハリを維持しているのはコラーゲンという物質です。皮膚が重力に引かれずに、たるまない状態を維持するには、コラーゲンで弾力を保つことです。太陽光に含まれる紫外線や、精神的なストレス、その他の刺激によってコラーゲンは破壊され、生成が追いつかずに減ってしまいます。その他にも色々な理由でコラーゲンは少なくなるため、肌のたるみが出るのです。たるみとかかわりがあるのは、顔の表情筋です。表情筋は、表情をつくる時に使う顔面の筋肉のです。加齢と共に表情筋は衰え、減っていきます。他の体の筋肉と同じように、表情筋が少なくなってしまうのはどうしようもありません。表情が硬くあまり笑わない人は表情筋の老化を早めてしまうので注意が必要です。たるみが、日々のわずかな行動に影響を受けることもあります。眉間のしわ、ほおづえなど、顔の皮膚に負担をかけることが多い人は、顔のたるみに注意をすることが必要です。口元が下がっていると特に顔のたるみを助長しますので、口角を上げる癖をつけておくとリフトアップになります。顔のたるみが増す理由はいろいろなものがありますので、普段から意識することが大事です。

脱毛ラボ 料金