自律神経のバランス

手汗は、自律神経のバランスが乱れることで出やすくなっている可能性があります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
この2つの神経が必要に応じて切り替わることで身体は正常に保たれていますが、
ストレスや睡眠不足などにより交感神経のみが過敏に働く状態が続くと自律神経のバランスが乱れ、
手汗など身体に不調があらわれやすくなります。

手汗改善のためには、自律神経のバランスを乱す要因を排除していきます。
自律神経のバランスを乱す最大の要因は、ストレスと言われています。
現代社会で、ストレスを完全になくすことは不可能ですが、
悲観的に捉えないようにしたり、自分なりのストレス発散法を見つけるなどストレスを溜め込まないようにします。

また、規則正しい生活を心がけることで、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われるようになります。

あわせて、食事にも気をつけます。
脂っこいものや辛いものは発汗を促す作用があるため、これらは控えめにします。