父親へのプレゼント

父親の使っている整髪料は、とても古くからあるもので、匂いが強烈で私は苦手でした。父親の使ったあとの洗面所は、その整髪料のにおいが濃くするのです。そこで、誕生日に新しい整髪料をプレゼントすることにしました。子供の頃から苦手な匂いだったため、どうしてもっと早くこのやり方に気づかなかったんだろう、ど思いました。いろいろと整髪料の口コミを調べました。よく政治家の方が、きれいな髪をしていますね。家の父の髪は、もっとぱさぱさしています。もっときれいでいてほしいと思い、いろいろと評判のいいものを探しました。そして、結局、洗い流さないトリートメントは、私が使ってよかったものにしました。そのトリートメントは、つけると髪が生き返る感じがしました。それと、男性用の、ルシードの整髪料にしました。髪をつやつやに見せながら、恰好を整えるものです。これは結局使ってもらえませんでしたが、トリートメントのほうは毎日使ってくれています。ミュゼ ハイジニーナおかげで、だんだん父の髪もつやつやになってきました。また、匂いも私の大好きな匂いで、よかったです。