速度制限が無い訳ではありませんので

WiMAXサービスの料金プランは数種類あります。プロバイダによって多少の違いはありますが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。

その料金プランですが、通常プランとギガ放題プランです。


ギガ放題プランは月額料金が高いですが、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。それに対して、通常プランは月額料金が安いですが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。
毎月どれだけ通信を行なうかを考えながら、お好みの料金プランで契約を行いましょう。次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、帯域制限に注意しましょう。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXはそこまで厳しい速度制限を設けていません。

 

そうは言っても、速度制限が無い訳ではありませんので、不必要に通信し過ぎるのは要注意です。

 

ただし、速度制限がかかった場合においても、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。WiMAXサービスと契約を申し込む折、様々なキャンペーンサービスが付いて来ます。特にお勧めなのが、公衆無線LANのサービスです。
UQ WiMAXだったらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。(情報元:Broad WiMAXの特徴は?プラン別の特徴は?

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

 

nifty WiMAXでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。

電器屋さんで、光回線の利用を始めないかと店員に声掛けをされました。
既にWiMAXを使っている私ですし、当然ながら、光回線に対して必要性を感じていません。
と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、驚くような回答が返って来ました。

WiMAXって言えば、天気が悪い日には使えなくなるでしょう?しかし、毎日愛用しているWiMAXではありますけれど、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。豪雨の中であっても、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。

ワイマックスと言うサービスがありますが、この通信サービスは、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。なので、大容量通信が必要となる方であれば、ストレスを感じずに利用出来るモバイルインターネットサービスではないでしょうか?7G制限のストレスがしんどいと言うのであれば、熟慮してみてはいかがでしょう?Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの減りが著しかったからです。

 

そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。加えて、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして発表になったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、これまでのWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広範囲での通信を行えます。また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口対応率99%と言う通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、隅々まで電波が届きます。その代わりに、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が適用されます。
近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった場所にも電波が届きやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がっています。
WiMAXに申し込めば、その機能性の良さにビックリさせられます。私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダが存在します。このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。本来は月額500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。

 

WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円もします。
結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の足かせになってしまいます。
そう言う訳で、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そんなプロバイダを選べば良いです。
UQ WiMAXではなくてKDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX端末です。
こんなに速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。ただ、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限度がある為、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。

最近は、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。
例として、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を用意しています。または、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日の保証制度を導入しています。
どこの保証制度にしても、契約解除料を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。
WiMAX通信に対応したデータ端末は、年々新しいものが発売されています。

それぞれによって性能が異なり、利便性も違います。
そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場でしょう。

 

このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXの月額料金ですが、実際のところ、契約先により金額が違います。
具体的には、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こう言う感じで、それぞれの申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。

 

UQ WiMAXサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。可能な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。

 

それに対して、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAXを提供するプロバイダですが、数社あります。

それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、そのあたり、気を付ける必要があります。
例を挙げると、月額料金を最安値で利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンがお薦めです。従って、各キャンペーン毎にお得感は異なって来ますから、それぞれのプロバイダのキャンペーン内容をしっかり調べるようにしたいものです。

WiMAXの端末は、日々高性能化されています。例えば、通信速度の向上が目立ち、今の時点で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。とは言うものの、最近になって通信速度よりも、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。

 

なぜなら、混雑を回避する為として3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、これが厳しくなったからです。
そういう理由から、メーカーやユーザーとしては、ここに敏感になっているのです。
WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を取られてしまいます。

それほど長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約をしたい所です。
意外と見逃されがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。

電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。
確かにWiMAXには速度制限がありますけど、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。
また、混雑回避の為の速度制限の際も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。
速度制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。固定回線の人気は依然として健在ではありますが、モバイル業界への人気の高まりを感じるようになりました。小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、利便性の高さが大きい印象を受けます。とは言えどもモバイルですから、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?しかしながら、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、安定性は割りと良くなっています。

って事ですから、モバイルだからと、調子は悪く無いです。WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマホよりもコンパクトです。なので、お荷物になりません。ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。

ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作する事が出来ます。従って、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。WiMAXのサービスを導入した事により、私のライフスタイルは一変しました。

最も大きかった事は、スマホ通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンで使用出来る通信量は消費しなくなった訳です。そう言う流れで、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。
WiMAXサービスを運営しているプロバイダの間において、評判のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも評判な理由です。
それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由としては、業界でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。それに合わせて、サポート内容もしっかりしていて、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線の同時通信を行なう技術の事です。
その結果、下り最大通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsになる訳なのです。
その他には、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が可能となります。
WiMAXサービスの魅力としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。

無線ですし、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。
また、WiMAX端末は小型ですから、持ち運び性が長けています。そんな部分を考慮すると、タブレットとの相性が最高です。

そう言う理由から、タブレットの無料プレゼントを行っているWiMAXプロバイダもあります。
WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特長には、月額の使用料金が安い点が挙げられます。その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXを利用していて感じるメリットは、複数あります。最初に思い浮かぶのが、無線のネット回線なので、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。次に、無線の通信回線ですので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。

 

その他にも、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。なおかつ、通信規制が厳しくないと言う点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。