Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

 

その訳としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が激しかったからです。


そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。

加えて、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限への対応がしやすくなりました。
WiMAX通信専用の通信機器は、年々新製品が開発されます。それぞれにより機能が異なり、出来る事も違います。

その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAXを入手すると、WiMAX本体しか必要ないから、部屋がさっぱりします。(UQ WiMAXへの乗り換えを検討中のあなた!より抜粋)

光インターネットだとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、毎月の料金に上乗せされます。
そして、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を請求されてしまいます。WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくつかある様に感じます。

まず、無線なので、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。

次に思い付くのが、無線を使ったサービスなので、インターネットの回線工事が必要ないと言う点が挙げられます。
また、無線を使ったサービスと言う事で、低負担のインターネットサービスと言えます。そして、速度制限の規制が厳しくないと言う点も、WiMAXを導入する際の利点と言えます。

UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。なぜなら、25ヵ月間継続の契約をする事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。しかも、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になる為、結局のところ、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、値引きが適用されるのは毎月の事ですから、お得感は積もり積もって大きくなります。

URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち歩き性が良くて利便性が高いです。URoad-StickをUSBポートに接続することで、電気をまかないながら扱う事が出来ます。難しい設定も不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、通信の下り最大速度としては110Mbps出す事が出来ます。

WiMAXに申し込むと、その機能性の高さにビックリさせられます。私がWiMAXと契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。
私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として利用されます。

合わせて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで使用する事も出来ます。

 

WiMAXサービスを運営するプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。
そう言う理由から、3WiMAXで提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然異なります。

 

具体例としては、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダにはランナップされていません。
大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、速度制限に関して注意が必要です。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXは速度制限が厳しくて通信に集中できないと言う程ではありません。とは言えども、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。だけども、うっかり速度制限の対象となってしまった場合でも、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15ってWiMAX端末になります。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持っている主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。合わせて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した時の大きな違いな訳です。

WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口対応率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで繋がります。その他、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった部分まで電波が届きます。デメリットとしては、一度でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に掛けられます。

WiMAX機器のサイズは、ポケットサイズです。
なので、邪魔にならない大きさです。

 

ポケットに入り切るサイズですし、重量や厚みも大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。WiMAXルーターは、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。
なので、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
電気屋さんで、光回線を勧められました。WiMAXを既に使用している私ですし、勿論、光回線の契約は考える余地も無いです。
店員に対してそう言う回答をすると、呆れるような返事が返って来ました。
WiMAXだったら、雨風に影響されるでしょう?ですけれども、私の今までのWiMAX経験からすれば、台風や強風でWiMAXが使えなくなるなんて事は一度足りともありませんでした。
豪雨の中であっても、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。

 

確かにWiMAXには速度制限がありますけど、それほど厳しいものではありません。WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。また、混雑回避の為の速度制限に関しても、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

 

通信制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。

 

WiMAXの強みは、通信制限が厳し過ぎないと言うところにあります。
他社のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。問題ない事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。
それに対し、WiMAXなら普通に映画が視聴出来ますし、一日中ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
そのテクノロジーによって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsになるのです。
そして、Bluetoothにも対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。WiMAXと言うネットサービスがありますけど、このネットサービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。そう言う事で、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、検討してみるのも良いでしょう。

WiMAX通信を行なう為の端末は、日々性能が上がって来ています。

 

中でも、通信速度の向上が際立って、今、最大の下り通信速度が220Mbpsに達しています。

しかしながら、この頃は通信の速さよりも、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。どうしてかと言うと、混雑回避の為の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。そう言う事で、製造会社や使用者的には、ここを意識しているのです。
WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXは、通常は3種類の料金プランがあります。28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。

その他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。
時折、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、タイムセールはいつもある料金プランではありません。
WiMAXを使用する際に、注意すべき速度制限が二つあります。

一つ目は、月間データ量による速度制限と言われる、7G制限と呼ばれているものです。

 

次いで、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。ギガ放題プランへ申し込む事によって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
ただし、混雑回避の為の速度制限は適用されます。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中に、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特性としては、月額の利用料金が安い点が挙げられます。

それだけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが行われています。契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長く契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。
WiMAXサービスと契約を行う際、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。
中でもお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。
どんなプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。
プロバイダによって多少の違いはありますが、大体、2種類の料金プランがあります。その料金プランですが、通常プランとギガ放題プランの2種類です。

 

ギガ放題プランは月額料金が高いですが、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
その一方、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。
自分のライフスタイルに合わせて、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。

 

WiMAXの専用端末は数種類あります。次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。例として、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使い分けが出来るようになりました。
他にも、通信速度が年々速まっています。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が採用された際も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。

Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。加えて、au 4G LTEと言う通信機能はHWD15から受け継ぎ、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しつつのインターネットにも対応しています。WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、意外にも、契約先で料金が異なります。例として、Broad WiMAXの場合は最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高くなります。こう言った感じで、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で契約先を検討しましょう。nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスとなります。その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。
WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判の良いサービスとなっています。
WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところもあります。

例えば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やレジャー施設、更に、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。
映画やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスは幅広いですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。