背中ニキビとホルモンのバランスについて

背中ニキビには、ホルモンのバランスが関係しているのでしょうか?

特に妊婦さんや、生理中の背中ニキビはホルモンバランスの崩れが主な原因だといわれています。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類がありますが、エストロゲンは卵巣ホルモンとも呼ばれお肌を乾燥させる作用を持つのに対して、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは皮脂の分泌を促進して脂性肌に傾く性質を持っています。プロゲステロンは排卵後生理期に向かって増えていく傾向があるため、生理が近づいてくると徐々に皮脂の分泌が多くなりそれとともに背中ニキビもできやすくなります。特に背中は皮脂腺と汗腺が集中している場所なので、ホルモンの不安定なときは更に注意が必要です。

また、妊娠期にも女性ホルモンが盛んに分泌されるので皮脂が過剰になりがちです。なるべく、基本的な生活習慣を整えてお肌によい健康的な生活を送りましょう。

「ジッテプラス」、通販