シミは美肌に良くない

よくテレビなどで、隠れているシミを特別なカメラで写すという事がありますよね。自分が思っているより、皮膚の中にシミが隠れ潜んでいるという映像は、かなりインパクトがあります。

若い頃は、そういった映像を見てもどこか他人事のように思い、面白おかしく見ていたのですが、
最近は私にもそんなシミがあるのだと、実感するようになりました。鏡を覗き込むと、うっすら写る点、点、点。
まだ化粧をすれば見えなくなってしまう程度なのですが、これがあの画像のように、表面に出てきたらと思うと
怖くて怖くて。
どんどん科学が進歩したり、医学が進歩したりすることによってシミの原因が解明され、また改善方法が紹介されます。
「どうして若い頃、日常的に日焼け止めを塗らなかったのだろう?」
「どうちて、帽子をかぶらなかったのだろう?」
今となっては後悔する事ばかりです。でもその時は、若い時は考えないんですよね、年を取った時の事なんて。ですから、今となってはどうする事も出来ず、日々進歩した科学、医学の情報をもとに美白に励むしかないのです。
タイムマシンがあったら、若い頃の私に忠告するのに。
ちなみに、今通っている老舗のサロン銀座カラーでは、脱毛のケアとして色々なことをスタッフさんから教えてもらっているので、とても助かっています。