3種類あるビタミンC誘導体について

厄介なビタミンCをビタミンC誘導体としてお肌に取り入れることができるようになり、美肌作りにとっては嬉しい成分となっています。

これらのビタミンC誘導体には3種類あります。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は即効性があり、塗ってから短時間でビタミンCが持つ美肌作用を発揮できます。

ただし、濃度を高めると化粧品の使用感が悪くなる、皮脂分泌を過度に抑えてしまい乾燥肌を招く、といった欠点もあるので注意が必要です。

親油性ビタミンC誘導体はビタミンCを乳化させ、クリーム、乳液に配合できるようにしたものです。即効性には劣りますが、肌の奥まで浸透しやすく、ターンオーバーの活性化を促す性質を持ちます。肌への刺激も少なく、乾燥肌の人でも安心して使えるのが特徴です。

両性ビタミンC誘導体は水溶性ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加え、親油性と水溶性、両方の特性を兼ね備えた状態にしたものです。

浸透力は水溶性のおよそ100倍あり、乾燥、刺激といったデメリットがなくなるのが特徴です。さらに即効性も高く、コラーゲン合成の促進効果まで見られるなど非常に有用性の高いビタミンC誘導体となっています
【パルクレール】 お得な値段