大人ニキビとカフェインについて

コーヒーに入っているカフェインは最近の研究によると糖尿病の改善やがん防止に良いといわれています。

しかし、大人ニキビにとっては余りよいとはいえません。何故、お肌に良くないのでしょうか?
結論から言うと、カフェインによってビタミンやミネラルが不足すると皮脂が過剰に分泌し、大人ニキビができやすくなります。そうなるとお肌の新陳代謝が乱れ、大人ニキビの改善や治療が遅れます。

では、どうしてカフェインが大人ニキビを促進するのでしょうか?カフェインを摂取すると、ビタミンやミネラルを尿とともに体の外に排出する作用が強く働いてしまいます。
そうなるとビタミンBやC、亜鉛など肌を健やかに保つために必要なビタミン類やミネラルが不足する状態になり大人ニキビの悪化やできやすい状況になります。

ビタミンBには脂質代謝作用があり、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌をコントロールしてくれる働きがありとても大切な役割を担っています。ビタミンCは、肌再生のためのコラーゲン生成を助長する働きがあり、これが不足すると健やかな肌に生まれ変われません。

また、亜鉛は肌細胞の形成に必要なたんぱく質の合成や分解に作用する重要成分であり、亜鉛が不足すると、やはり肌の新陳代謝がスムーズに行われなくなります。

【パルクレール美容液】カラーコントローラー