夏を満喫するアウトドアのすすめ

都心から少し足を延ばすと、山や川、キャンプ場といった自然と触れ合える場所がたくさんあります。
夏は、アウトドアを楽しむ絶好の季節です。ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇には、キャンプ場は芋の子を洗うような大混雑をしています。
慣れないテント設営や屋外での料理、人も多くて騒がしく、炊事場なども順番待ちになります。混雑時にキャンプへ行くと、このような状況から「キャンプ=疲れる」というイメージを持たれるかもしれません。疲れる遊びだから、キャンプへは長期休暇のときにしか行かないという方も多いかと思います。
私も子どものときを思い返すと、家族で行ったキャンプは夏の恒例行事で、年に一度のビッグイベントでした。長期休暇とは対照的に、普段のキャンプ場はとても空いています。他にキャンパーがいなく、貸し切り状態ということも珍しくはありません。普段のキャンプ場であれば、静かでゆったりとした有意義な時間が過ごせます。
大混雑に伴う疲れもなく「キャンプ=疲れる」という図式は成り立ちません。それどころか自然を五感で満喫でき、心も体も大いに癒されるか思います。そよ風や草の匂い、鳥の声や木々の緑などの自然からの刺激を、雑踏に邪魔されることなく存分に体感できます。混雑時よりもゆったりと楽しめる、普段の週末に行く「ウィークエンドキャンプ」をぜひ楽しんでみるのもいいかと思います。
ラヴォーグ 岡山