医療機関での早めの受診を!

“ひと昔前までは、リウマチは治らない病気と言われてきました。
しかし、生物学的製剤が関節リウマチの治療に使われるようになってからは、「リウマチは治る病気だと言える時代がくるのでは…」と言われるようになりました。

完治とはいかずとも、寛解と言える状況になっている人は、実際に増えているようです。かく言う私も、その一人です。
私は5年前にかかりつけの病院で、新薬の生物学的製剤ヒュミラを治療に使い始めました。
これは、定期的に注射をする治療法でした。
始めの数回は病院で指導を受けながら注射をし、その後からは自宅で自己注射を続けました。
初めてヒュミラを注射したその日、私は右手指の関節の腫れが引いていくのが分かりました。
注射を重ねるにつれ私は、第二関節や手首などの腫れが引き、朝のこわばりが和らぎ、だんだんと体調が変わって行きました。
こんなに直ぐに効果を実感できたのは驚きでした。
この治療法は健康保険が適用されていますが、それでも医療費が高額になるため
、治療開始をためらっている人も見受けます。
私も医療費では苦労したので、その気持ちは察します。
何を優先するかは人それぞれですが、元気になって働ける様になれるなら、高額な医療費を投資するのも一つの方法かと思います。”
カンカイ【リウマチ神経痛の自宅温浴ケア】最安値で購入!