出発地へ戻るトラックでの「帰り便」の欠点は

機能主査は、図面を引く設計者とは独立した権限を持っており、機能主査のOKが出なければ、次のステップへは進めないようになっている。

同じエンジンの開発室内で行い、機能主査のような独立したチェック機能は、最後の完成車の動力性能、操縦安定性などをチェックする部隊だけに与えられている。逆にトヨタの場合は、それぞれの局面で、機能主査がチェックを入れる仕組みになっている。これは設計室に対する一種の監査機能ともいえる。最後にもうひとつ、これまでのトヨタの開発の集大成ともいうべき点がある。それは機能評価のマニュアルがデータとして整理されており、それをベースに検査チェックが照合されていく、というところだ。この徹底したデータ取りで、いわゆる 「営業的実験」、つまり耐久テストなどを行うようになっている。トヨタがここでやろうとしているのは、検査員の個々の経験で判断するのではなく、数値的に判断できる領域は数値で判断するという、これまでのデータを使った品質の標準化(データ化)といえる。