痩せるサプリに痩せるアプリ

ダイエットサプリならぬダイエットアプリ、日本人は上手いこと言いますよね!ダイエットサプリがあってダイエットアプリの順番ですよね、時代の背景がありますがどちらにせよ健康志向には違いありません。老いも若きも身体に悪いタバコは敬遠され、中年以降の世代には「まだタバコ吸ってんの!?」、若いもんにとっては、タバコは「なりヤン」の代名詞くらいにしかなっておらず日本たばこも多角経営を余儀なくされています。

健康志向といえば、肥満に対する世間の目は厳しいですよね!アメリカでは自分の体重をコントロールできないということは、サラリーマンの資質に大きく欠ける!というレッテルを張られてしまいます。人はなぜそんなにダイエットに奔走するのか?痩せていなければいけないのか!痩せているのはそんなに尊いことなのか?デブは白い目で見られて人権はないのか、とまで思ってしまいます。

たしかにデブは病気の予備軍であり、ケガもしやすい、世界の食糧事情を鑑みてない!などのご意見もありましょうが、人間としての尊厳は守るべきだと思います。