重力の影響を受けて

立っている時よりも、座っている時の方が体は重力の影響を受けません。
これは腰を自分の力で支える必要がないし脚にも体重がかかることがありませんから、重力はほとんどかからないのです。このため座った姿勢をずっと続けていたりすると、足腰の筋肉は徐々に衰えていきます。この反対に運動している場合、例えば階段を昇り降りする時に関して考えてみましょう。上がる時にもそれなりに重力はかかりますが、実際は降りる時の方がより重力がたくさんかかってきます。これは階段を降りる時は重力に従って体を下に降ろして行くことになっていますが、その時に全ての体重を片足で瞬間的にでも支えることになってしまいますから、重力の影響をまともに受けることになってしまうのです。ですが現代人の生活の中ではエレベーターやエスカレーターを使う場合が多いので、どうしてもそれを使わなければならない場合を除いて、階段を使うほうが筋力が弱まりにくくなります。当然歩かない生活をした場合も重力の影響を避けていることになりますから、なるべく歩く工夫をしてください。私たちが健康な体を維持していくためには、健康サプリを飲んで重力をしっかり受け止めるような生活を続けていく工夫が必要なのです。