肌が弱いためにどんな除毛方法でもかぶれたり赤くなったりしてしまいます。

それほど多いというわけではありませんが、腕・足など結構しっかりとした毛が生えています。
だから薄着の季節になると一週間に一回は家庭用の除毛器を使ってお手入れをしなければいけません。

ところが私は肌が弱くて、とにかくムダ毛処理をするたびに赤くかぶれたりしてしまうのです。
お手入れ前後に保護クリームをつけたりして保湿をしっかりしてもいつもつらい思いすることになります。

あまり繰り返すので、「それほど目立たないからいいや」とお手入れをさぼると電車でたまたま隣に立っている男性のほうがツルツルの肌だ、ということになったりします。
女性としてそれはちょっと恥ずかしいのでやっぱりムダ毛処理をしないわけにはいきません。

パイナップルローションがいい、とか豆乳ローションがいいとか友達に教えてもらって使ってみているのですがあまり効果がないようです。

ムダ毛、といいますが、もともと肌を保護するために生えているのではないかと思うのです。
だからそれを除去することをしてしまうと肌を傷めるのだ、と考えています。
そうはいってもムダ毛処理は女性としての身だしなみのひとつですからしないわけにはいきません。

ムダ毛処理をした後に肌のダメージを回復するために化粧水やクリームをつけながらため息をつくことが多くなっています。また最近は手汗でべとつくのが気になりだしたのでテサランというクリームを使うようになりました。
テサランは薬局でも買える?最安値の通販を知っておくと損をしない