慌ただしく引越し業者を手配しなければいけない時に

現実問題として、1695mmの車幅に狭さを覚える日本人は、今もほとんどいないはずです。より車幅のあるクルマと比べたときに、何となくゆとりの差を感じる霊のことでしょう。それと引き換えに、運転のしやすさというメリットを捨てているのです。

しかし、近年、日本のクルマはモデルチェンジのたびに車幅が広くなつています。理由はメーカーが欧苦場を嘉しているためで、結果的に日本の子ザーは割りを食っていることになります。真っ先に、この市場環境の違いをクリアしようとしたのはホンダでした。米国で長年ベストセラーを続けていたアコードがどうしても日本で売れず、その理由を、米国市場向けのサイズのままでは日本で扱いにくいことによると分析したためです。そこで、サイズのほか、サスペンションの味付けなども変えて、高坂、欧州版、日本版と造り分このせっかく日本向けのサイズで仕1げたにもかかわらず、アコードは覧不振で転また、垂-ザーの間には、ホンダのクルマ呈ニバンというイメージが強く、セダンに目が向いていないこともあったかもしれません。