心臓を強くすることが英会話上達への近道

英会話上達のために行うこととして「恥を捨てる」ということがある。

日本人は気質から、どうしても「恥ずかしい」だとか「でしゃばるべきではない」といった感情をもつ。
日本ではそういった「控えめの美徳」が推奨されているのだから仕方がない。

しかし、英会話の学習ではそれは捨て去るべきである。
そういった恥ずかしいという気持ちから、私たちはあるはずのチャンスを逃しているのである。

自分から積極的に外国人に話しかけていけるような人間は、何もしなくても英語が上達していくだろう。
逆に、自分からはなかなか話しかけていけない人は、文法をいくら勉強しようとも、いつまでたっても英会話ができないのではないだろうか。

「控えめがいい」というのはあくまで日本での考え方であり、世界ではそれは通用しない。
そういった感情は英会話を学ぶにあたって不要な考え方である。

最近では、ALUGOといった英会話教材が目立つようになった。
ALUGOの良さとしては、実際に英語の先生と直接話ができる、ということだ。
つまり、周りに外国人がおらず、自分から積極的に話しかける人がいない、といった場合でも、環境を整えることができる。
ALUGOは特に効率にこだわっており、英語を本気で身に付けたい人には是非おすすめできる教材だ。

日本ではもちろん恥じらいは捨ててはいけない。それが美学の国なのだ。
しかし、学ぶ場ではそれは必要ない。そういった取捨選択を行える人こそ、今後伸びていく人であろう。