ダイエットにビールが効果的なのか?

「ビール腹」という言葉があるように、ビールはダイエットの敵だというイメージがありますよね。飲みすぎるとお腹がタプタプになってしまいそうなイメージがあると思います。しかし、最近ではその常識を覆す、ビールダイエットというものが流行っていたり、ビールは太らないという説が飛び交っています。これが本当ならば、お酒好きなあなたは万々歳でしょう。

今まで、ビールは止めたくないからとダイエットを諦めていたあなたも、これで今日からダイエットできるかもしれません。しかし、ビールは太らない、というのは本当なのでしょうか。結論から言うと、カロリーの割には脂肪になりにくい、つまり太りにくいというのは本当らしいのです。

アルコールというものは、カロリーはあるものの、その他の食べ物などのカロリーと違い、身体に溜まりにくく、熱となって体外に放出されやすいそうです。普通の食事であれば、不必要なカロリーは体内に蓄積され、結果、脂肪がついて太るのですが、アルコールのカロリーは体内で分解され、熱となり体外に出るという結果になります。

そのため、ビールだけでなく、焼酎やワイン、その他のお酒も、お酒自体は太る原因にはなりにくいそうです。気になるお腹の脂肪をどうにかしたい、ビール腹だから痩せたいけれど、大好きなビールは止めたくないという方には朗報です。ビールを飲んで、しかも痩せられるのなら、今からすぐにでも始められそうです。ビールをはじめ、お酒にはいろいろなメリットがあるようです。

ワインやウイスキーなど、比較的香りが強いお酒には、アロマ効果があり、リラックス出来るそうです。そして、なんとビールに含まれるホップは、心を落ち着かせる効果があるそうです。アルコール自体のリラックス効果だけでなく、香りだけでもストレス解消の効果があるとは驚きです。親しい友人と集まって飲むのは、とても楽しいものです。

お酒には、脳の本能をつかさどる部分を活発にして、飲むだけで元気に、気分がよくなって、会話も弾みます。それに加えて、このアロマ効果があります。一日の終わりにビールをプシュッと飲んでリラックスするのは最高です。何とビールの中にもポリフェノールは含まれているそうです。ポリフェノールといえば、赤ワインで有名です。

ポリフェノールにはいろいろな種類がありますが、ポリフェノール自体は抗酸化物質で、アンチエイジングの効果があるそうです。それでは、ビールダイエットの具体的な方法をご紹介しましょう。ビールダイエットといっても、色々とやり方はあるようですが、多くの人が成功して、5kg、8kgという減量に成功したという方法をここでは紹介します。まず、朝食はしっかりと食べます。

こうすることによって、昼食時間を少し遅らせることが出来るのです。すると、夜に空腹を感じることが少なくなるはずです。朝食は、一日のスタートとしてとても大事なものなので、朝食抜きはあまりおススメできません。そして、パンよりも、腹持ちの良いご飯がおススメです。お昼も炭水化物は問題ありません。好きなものを食べてよいそうです。

ちなみに、いままで薬代を節約しようと考えたことはなかったのですが、個人輸入代行を利用すればサインバルタを手軽に安く購入できるんだそうです。くわしくは↓のサイトを見てくださいね。

サインバルタは市販あるの?市販薬との併用の問題は?

といっても、一応ダイエット中なので、カロリーの高いものをたくさん食べたり、夜食べられないからと昼に食べ過ぎるのは痩せにくい原因を作ることになります。普段より気持ち少なく食べるようにしましょう。そして、いよいよ、ビールダイエットの夕食です。まず、ビールをぐびぐびと飲みます。美味しくて幸せです。しかし、アルコールですので、自分の飲める範囲内で行ないましょう。

多くの人が行なっているのは、350ml1缶かそれ以下のようです。そして、その後にお腹一杯になるくらいの水を一気に飲みます。これで、ビールと水でお腹がかなり膨れてくるはずです。その後は、ご飯以外の夕食のおかずを少しずつ食べながら、ゆっくりとビールを飲みます。このとき、ビールを飲んでいるからといって、おかず以外に別におつまみを用意するということはしません。

おかず自体をおつまみとしてビールを楽しくいただきましょう。おかずのメニューは、上にも書いたように、カロリーの低い和食の居酒屋メニューのようなもの、野菜、あとは、お腹にたまりやすいスルメや昆布などもおススメです。炭水化物に手が出ないように気をつけて下さい。ダイエット中でもビールが飲めるなど、画期的なダイエット方法です。

実は、ビール以外のワインや、特に焼酎などの蒸留酒にもたくさんメリットがあり、ビールよりもいい点などがあるのです。しかし、そういったお酒はビールに比べてカロリーがかなり高めなので、ダイエットにはおススメできません。もちろん、たまに少しだけ飲んだり、大好きな高カロリーのおつまみも少しだけなら食べても大丈夫とのことです。

ストレスをためないためのビールダイエットです。それでは、理想的なビールダイエットの方法をこちらにまとめてみましょう。朝食は、ご飯、たんぱく質を含め、たくさん食べます。昼食は、夜の空腹を紛らわすため、少し遅めの時間にとります。夕食は、まずビールからガブガブと飲みます(自分の適量を見つけましょう)。

その後、お腹一杯になるまで水を沢山飲みます。あとは、ビールをゆっくりと飲みながら、カロリーの低いおかずを食べます(炭水化物禁止)。休肝日を作ること、以上です。これなら、本当にストレスフリーで出来そうです。夜の1杯のビールは、一日を締めくくるリラックスできる至福のときでしょう。大好きなビールを飲んで、体重が減れば最高です。

この春、卒業、退職など別れを迎えた人もいるかと思います。私も何度か経験していますが、やはり別れというのは寂しいものです。数年前地元を離れ、上京することになったのですが、その出発の日に友人たちが見送りに来たことが忘れられません。見送られる方は勿論寂しいですが、見送る方も同じです。別れがあるからこそ、出会いもあります。

上京してから出会った友人はみんないい人たちです。縁もゆかりもない、知り合いも周りにいない私に優しく話しかけてきてくれ、そこから仲良くなりました。今でもよく連絡を取ります。友人たちから沢山助けられ、沢山笑い合い、泣きあったこともありました。春になると昔のことをよく思い出します。別れ、出会いを経験し、思い出と共に今を進んでいます。