業者の見積りが甘く、破格の引っ越しができました

最初の子どもが生まれて3年目。家財も増えて2DKのアパートが手狭になった時に、一戸建て賃貸住宅に引っ越すことにしました。業者にお願いする初めての引越しです。

とにかく安く抑えたいと思い、まずは数社に見積りをお願いすることにしました。複数の業者に一括で見積りを依頼できるインターネットの総合見積りサービスで申し込みをし、3社に実際に荷物を見にきてもらいました。

業者はざっと部屋を見て、それから押し入れの中も確認してその場で料金を算出しました。引越し料金は各業者でまちまちでした。荷造りは自分たちで行う前提での見積りでしたが、一番高い会社で20万円。安い会社ではなんと6万円ほどでした。そして、一番安いところにお願いすることにしました。

引っ越しまでは毎晩遅くまで荷造りをしました。押し入れの中身もすべて出して段ボールに詰めたので、2DKの自宅は段ボールでいっぱいになりました。

引っ越し当日、業者は4トントラック1台とスタッフ3人でやってきました。そして荷物の運び出しを始めましたが、運び出しても運び出しても終わりません。スタッフは焦っているように見えました。

私たち夫婦も室内での作業を手伝いました。いよいよ間に合わないと思ったのか、あるいは荷物が多過ぎると判断されたのか、追加のトラック1台と3名を呼び出し、トラック2台とスタッフ6人の作業となりました。走り回っての運び出しです。作業も雑になっていることがわかりました。こうしてなんとか夕方までに引っ越しが終わりました。

トラックが追加になったことなど業者にとっては誤算だったでしょう。荷物の量を見誤ったのだと思います。見積りの金額は変わらず6万円という破格でした。なんだか申し訳なかったです。

参考サイト:良い物件は良い不動産屋さんで探そう