赤帽を利用しての単身赴任の引越し

大阪勤務からサラリーマンには付きものの異動で福井に転勤する事になりました。子供の教育の事もあり、今回は単身赴任する事にしました。単身赴任と言えども一人暮らしに必要な家具や家電製品一式は必要で、軽トラ1台分程度の荷物となる為に赤帽を利用して引っ越す事にしました。

大阪の自宅で夕方に荷物を積み込み、翌日配送してもらう段取りとしました。翌朝、夫婦2人で列車で福井に向かい、赤帽の到着を新居のマンションで待ちました。やがて軽トラが来て、マンションの3階に荷物を搬入してもらいます。エレベーターがあり、搬入は2時間ほどで完了しました。

大きな家具家電は所定の位置に設置してもらい、段ボール箱は適時荷解きする事にします。私は赴任先に残り、女房は大阪に戻る段取りでした。赤帽さんに一服してもらい、帰路に着かれる時、大阪に戻られるなら乗って帰られませんかと女房に話されました。

思いがけない申し出でしたが福井から大阪の自宅までは特急を利用して6千円程度掛かります。この旅費が助かる事になる申し出でした。女房は好意に甘えてその軽トラで自宅の近くまで送ってもらいました。単身の引越しでドライバーのみでの搬出、搬入が可能で、助手席が空いていたために可能だったのです。

赤帽を利用し、その軽トラにお客さんが同乗して引越し先に向かうという方法もあるのだと知りました。それ以来、単身赴任を何度かしましたが、荷物の量に応じて単身パックと、この赤帽を使い分けて引越しをしています。

参考サイト:
不用品を捨てるにはいい機会です⇒詳細はこちら