うつ病の禁句を知って、接する事

うつ病は、決して珍しい病気ではありません。精神疾患の1つであり、どうしようもなく気分が憂鬱になり、時には死んでしまいたいと思い詰めることもあります。

また、食欲がなくなったり、眠れなくなる、何をしたというわけでもないのに疲れる、といったこともよくある症状です。身近にいる大切な人がうつ病という方は、意外とたくさんいるものです。しかし、非常にデリケートな状態といえるうつ病の人との接し方には、細心の注意が必要です。といっても、常に気を使ってばかりという毎日では、身近にいる人が疲れ切ってしまいます。そんな時、禁句とされる言葉を知っておけば、かなり楽に接することができるのではないでしょうか。
「頑張れ!」や「こんなことも出来ないのか」「また、寝てるの?」「いつまで甘えているんだ!」と言った言葉は、うつ病を悪化させて信頼関係を崩すだけです。
うつ病の人はこれ以上ないくらいに頑張っています。それでも、どうしようもないくらい体が動かず、心も安定しません。
その気持ちを理解して接してあげましょうね。
>>うつ病の禁句一覧はこちら!