掌パックの効き目

洗顔後、化粧水をつけた時に掌で顔全体をふんわり抑えると良いと聞いたので、ここ最近やってみています。
聞いたのは、随分前なんですが、そんなことぐらいで何が変わるの?と、思ったきりですっかり忘れていたんです。
先日、何気に掌で顔を覆うと、いつもはいつまでも水分として顔の上に残っている化粧水が、じんわり肌に沁み込んでいく感覚があったんです。
入浴後とかは化粧水をたっぷり目につけると良いって言われますけど、コットンでパタパタしても、そんなに大量に乗せられるものじゃないですよね。
化粧水って基本サラサラしているものだし。
ところが、サッと顔に付けたあとに、掌にたっぷり目の化粧水を取って、そのまま顔にダイレクト!
しばらく、ふんわり包んでいると、手の熱の効果もあるんでしょうか、いつもより肌がふんわりモチっとした感じになるんです。
水分が逃げるのをなるべく早く防ぐのが、スキンケアの基本なんだとしたら、この方法は理に適ってるのかもしれません。
お手軽だし、自分の肌の具合も感じれるので、これは結構効果的だと最近気に入ってます。

バルクオム(BULKHOMME)口コミで掌パックの効き目さらによし!