子供のケガを治したいと思いました

自分の子供の頃は、よくこけて、泣いていました。擦り傷も、よく作っていました。消毒液をかけて、ガーゼを付けて、数日で治りました。でも、今の子供達は、こけると、擦り傷が、かなり治るまでに時間が、かかっています。

アスファルトなどが、増えて、土の上とは、違う傷になるようです。皮が、剥がれてグチュグチュになっている状態の怪我をよくしてきます。夏場だと、乾燥させる事も難しく、化膿させてしまう事も、よくありました。怪我をすると、消毒液をかけて、ガーゼを当ててテープで留めていました。交換する時は、その傷口が、くっついて剥がすのに時間が、かかっていました。そして少し良くなると、絆創膏にしていました。なかなか、治らないので、ガーゼや絆創膏もたくさん買いました。これでは、時間もお金もかかっていると思ったので、少し値段が高いのですが、傷が早く治る絆創膏を買ってみる事にしました。よく見ると、ガーゼを部分がなく、貼ると傷の部分が白く膨らんできました。パットが、かさぶたの代わりになっていて、体液を吸収して白く膨らむようです。そして、2、3日に1回傷を観察するという感じなので、高価だけれど、貼り替える頻度が少ないなら良いのかなと思いました。痛みもやわらげるそうなので、子供も嬉しいかもしれません。豊橋 薄毛治療