まず泡

クレンジングについで、洗顔も行い方によっては肌に負担の掛かるプロセスです。しかも、ほとんどの人が正しくできておらず、泡の量が少ないと、洗顔料の濃度が高すぎるうえ、摩擦の原因になります。こすって洗うと角層を傷つけてしまうだけなのです。

洗浄剤だということを忘れがちになります。肌を冷やすことで毛穴が一時的にちじまったように感じますが、そのあと洗顔料をよく泡立てましょう。洗顔料を適量、手のひらに取り、水を加えながら泡立てます。皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)分泌の多い額や鼻にかけてTゾーンにまず泡を乗せます。くるくると円を描くように軽く汚れとなじませましょう。スキンケアは不要と考える方も少なくありません。スキンケアを0にして肌由来の保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。でも、メイク後には、クレンジング無しというわけにもいきません。クレンジングをして、その通り放置すれば肌はみるみる乾燥していきます。肌断食をたまに経験指せるのもいいですが、肌の状態を見て、スキンケアをした方がいいでしょう。肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが重要なのです。ずっと同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、生理前などお肌に影響があり沿うなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように変えてあげることがお肌のためなのです。肌にふれる空気や気候に応じて時節にあったケアをすることも大切なのです。

ジェントルフェイス