火葬について

お葬式が終われば、出棺です。
喪主から順番に、棺にお花を入れていきます。
喪主の次に遺族、遺族の次に親族です。

その他棺には、故人が大切にしていたものを入れてあげましょう。
あまりいろいろと入れすぎると、火葬する際に燃えにくくなります。
そのためあれやこれやとたくさん入れすぎるのは、控えましょう。

それぞれが、合掌をし、最後のお別れをしたら、棺にふたをして出棺です。

遺族が、位牌や遺影、遺骨を入れる箱を持ち、
その後に棺の順で霊柩車に向かいます。

火葬場へ同行する遺族や親族は、所定の車で向かいます。

火葬場では、火葬許可証を葬儀業者に渡します。
棺を火葬炉前に運び入れ、僧侶が読経をしたら、最後の焼香をします。
これで、本当に最後のお別れとなります。

棺を炉に納め点火されると、控え室で待機します。
遺体がお骨になると、骨あげといって、遺骨を遺骨箱に収めてあげます。

火葬場から自宅や戻ったら、入る前に塩で身を清めましょう。

火葬場に直接送る葬儀を直葬といいます。

葬式を安くすましたいのでしたら、こちらのサイトの情報が役立ちます!