介護士の仕事はきついもの。しかし長く続ければチャンスも!?

介護士に転職するのは、とても簡単な事です。
何故ならどこの施設においても、人手が足りていない所が多いので、資格が無くても、ある程度年齢を重ねていても、簡単に採用はしてもらえます。

しかし、やはり簡単に働けるだけあって業務は楽ではありません。
身体介護技術が上手でなければ、腰痛を発生させてしまいますし、排泄物の臭いも慣れていなければ耐え難いものがあります。
また高齢者や身体障害者は、少しのミスで大事故につながるリスクがあり、個人の責任を問われる可能性も、他の仕事と比較すると高いです。
「仕事が無いから、仕方なく介護の仕事でも。」というスタンスでは、長く続ける事は難しいでしょう。
しかし、そんな介護士でも、他の会社には無い大きなメリットもあります。
経験を重ねると、介護福祉士や介護支援専門員の資格を取得する事が出来、仕事の幅を広げる事が出来ます。
また一つの施設で長く業務を続ける事で、運が良ければ、施設長や本部職員になれる場合もあり、一般企業で働くよりも、高給を取得できる可能性もあります。介護転職