中年40歳のバツイチ男性が再婚のための婚活を始めて驚いた真実

5年前に離婚してバツイチになって今では、すっかり今では中年オヤジになりました。

「今年こそは再婚するぞ!」

などと思っていたのは一昨年のことでした。

結婚相談所で婚活しているとお付き合いも気を遣う

老後の事を考えると、
「このままバツイチの独身ではいけない・・・」

と思って、去年の始めに結婚相談所に資料請求をしてみました。

とりあえず1年間本気になって婚活をしようと考えたからです。

結婚相談所婚活する人は今となっては当たり前となり意外に多くの人が登録しているように感じました。

しかし、結婚相談所婚活すると今までの男女と違った形でお付き合いが始まるので、初めは戸惑ったのを覚えています。

お見合いがセッティングされてもお互い将来の結婚相手として考えるから、お友達期間なんてあってないようなものです。

特に、離婚歴があるバツイチなのも相手の女性がどう思っているのか気にならないといえば嘘になります。

初婚で結婚した前妻との間には子供がいることも、婚活相手の女性がどのように気にしているのか気になりました。

子供は前妻が引き取っていますが、再婚するにあたって問題にならないことでは決してありません。

バツイチの女性とお見合いする時は同じ境遇なので幾分安心した気持ちがありました。

その点、初婚の女性だとどこか申し訳ない気持ちは少なからず感じている自分もいました。

そんなことを考えながら、20人の女性とお見合いをさせていただきました。

結婚相談所の婚活は断られるのが当たり前

結婚相談所に入会してまず初めにアドバイザーの人から言われた言葉でした。

「相手の女性からお断りされることは普通と思っていてください」

この言葉は婚活を続けていく上でかなり意識しないと心が折れそうに何度もなりました。

初めの頃は、女性からお断りされるたびに心が傷つき引きずっていましたが、10人超えたあたりからなんとも思わなくなりました。

特に、離婚したことがある人も多いのでぜひ積極的に活用できればいいのではないかと思った結婚相談所での婚活です。

再婚のために婚活してわかったことは「人間は離婚で何か学んでいるのか?」

婚活して結婚することは、初婚であれ再婚であれ一種の成功体験なのだと思います。

もちろん、夫婦になって失敗したなどと思うことはあっても、結婚する時は離婚を前提で結婚する人はまずいないはずです。

婚活だって、目的はもちろん「結婚」や「再婚」であって、決して「離婚」ではないのですから。

当然ですが「離婚してよかった」と気持ち的に感じることはあっても、一般的に考えると離婚することは成功体験とは考えにくく、逆に失敗ととらえる人が多いように思います。

もちろん、その失敗とはその結婚や再婚したこと過去の成功体験についてそもそも失敗と言えるのかもしれません。

初婚の人なら、もちろん離婚を経験したことないのでわからないでしょうが、結婚するより離婚はエネルギーを使うと言われています。

そのため一度離婚をしてバツイチになると、もう二度と離婚しないようにするかと想像できそうが、統計上の数字を考えると決してそうとは言い切れません。

再婚者は要注意、離婚者の方が初婚者より離婚率が高いという真実

なぜなら、初婚同氏の男女より男性か女性どちらか一方に離婚歴がある場合の離婚率が高いからです。

これは統計上の数字だけをみると、一度離婚した人はまた再婚しても初婚の人より離婚しやすいのです。

最近では、初婚の女性もバツイチの男性はそこまで気にしなくなってきているのも事実です。

しかも、初婚の男性に比べて
「一回目の結婚で同じ失敗はしないのでは?」
などの期待感を抱いているようだが、統計学上だけでいうとまったく逆のようです。

再婚のために結婚相談所で婚活するバツイチ中年男性が注意するポイント