趣味は語学の勉強

初め、韓国には全く興味がなかったが、K-POPにはまったのをきっかけに韓国ドラマを見始めた。韓国ドラマは日本のドラマと違う面があり意外と面白く、見ているうちに字幕ではなく自分で翻訳できるようになりたいと思ったのがきっかけで、韓国語教室に通い始めた。韓国語教室の先生は韓国人で、発音には厳しいが生徒思いの良い先生である。韓国語は日本語と文法が似ているので覚えやすく、わかりやすい。習った単語がドラマに出てきて聞き取れるようになると、字幕と違う部分がわかり、ますます楽しくなった。その後、韓国語教室に通いつつ、英会話教室にも通い始めた。きっかけは、街中で外国人に英語で道を尋ねられた時に、意味はわかるけど英語で返答することが出来ず悔しかったという思いと、苦手な英語も克服したいと思ったからだ。今までは退屈な時間が多かったが、趣味を持つことで現在は忙しくなり、充実した毎日を過ごすことができている。共通の趣味を持った仲間もできて嬉しい。

夫婦二人で必要になる老後の貯金