どのような心構えで就職面接に臨むのが良いのか

就職面接で聞かれる質問は、対策本などを参考にすれば、ある程度は予測することが可能です。また面接担当者は、履歴書やエントリーシートを見た上で、応募者に質問していくことになります。質問されそうなことは大体わかりますので、事前に質問の答えを用意しておくことが面接対策の定番です。前職を退職した理由なども当然書類をみると気になりますから、当然質問されると思っておいたほうが良いです。退職の理由についてネガティブなことまで話すと、評価が下がることがあります。転職を決めた事情を語ると何かと都合が良くないという人は、就職面接でどう話すかが重要になります。しかし、面接担当者も転職する人は何らかのネガティブな要素や不満があるのだということは織り込み済みです。ですから、就職面接に臨む姿勢として、正直に誠実に話そうという気持ちがとても大事です。わずか1時間弱で相手の人物象を見極め、採用を決定するかが決まる場ですので、企業側にとっても難しいことと言えます。質問に答えるときに自信を持って正直に話すことができれば、退職理由などのネガティブな内容であっても悪い印象を与えないで済むでしょう。事前に、質問に対しての答えを用意する時に、嘘にはならず、かつ、大げさになりすぎないようなことを考えおきましょう。就職面接に行く時はにどんな心持ちで行くかを決めておくことで、想定していなかった質問に対しても動じずに自分の考えを言葉にすることができるでしょう。50代 エステ