クランベリーの役割と特徴

クランベリーは日本ではあまり食卓に並ぶ食品ではありませんが、最近話題のアンチエイジングと関係が深い食品なのです。クランベリーに含まれるカテキン・カロチノイド・アントシアニン・ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化物質が、ベリー系でも一番に高いと言われ、アンチエイジングにはぴったりの食品なのです。米国ではこのクランベリーがよく食されますが、酸味が強いため、そのまま食べられることは少ないです。主にお菓子やクランベリージュースとして加工されて、食卓に並びます。クランベリーには、尿路感染症・胃潰瘍などの症状に効果があるだけでなく、老化と共に気になる口内症状も、歯周病や虫歯の菌を抑えるクランベリーの働きで防止することが可能なのです。もちろん、クランベリーには体内のアンチエイジング対策だけではなく、年齢と共に気になる肌への効果も期待されています。紫外線カットやファンデーションでカバーしても、それを塗る土台である地肌が紫外線に弱ければ、化粧品を使用するだけでは完全な対策とは言えません。クランベリーはこの紫外線の害を低減させる効果をももたらすと言われています。クランベリーの加工品を見つけるのは難しいかもしれませんが、アンチエイジングの効果は高いため、試してみるといいのではないでしょうか。