正しい洗顔法

洗顔は手で行うのがよいか、洗顔専用のブラシや布で行うのがよいか迷うことはないでしょうか。
できれば手で行うのが理想ですね。
布やブラシを使うと微妙な調整ができないのと、デリケートなお肌が傷つくことがあります。

理想的な洗顔は泡をしっかり立てて、手のひらを肌から少し浮かせ、円を描くように動かすことです。
この少し浮かせるというのが、洗顔のポイントです。

泡がスポンジの様な役割をして、そのスポンジの泡の圧力によって汚れが浮きだし、落とすことができます。

この円の大きさも部分によって変えることが必要です。たとえば、額や頬は大きく描き、小鼻の周辺は細かく、といった具合です。

さらに、皮膚の薄い瞼は軽く、皮脂が溜まりやすい部分は丁寧に洗うこともポイントの一つです。

直接手のひらで洗うという人もいますが、これも気をつけなければなりません。
ゴシゴシやってしまうこともあり、肌が傷つくことも考えられます。

洗顔をする時には必要な角質も一緒に洗い流すこともありますので、気をつけなければなりません。

 

洗顔石鹸のおすすめはどろあわわ