葉酸は妊娠前から

2000年12月に厚生省が妊娠を計画している女性、または妊娠の科の生がある女性は葉酸を400マイクログラム摂取することという通達を出しました。

これは葉酸を飲むことによって胎児が神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができるということが分かってきたからです。

欧米ではかなり前からこの葉酸サプリを妊娠の可能性がある女性は摂取していることによって、健全な赤ちゃんが産まれています。

特に現代社会においては食の欧米化によって、食生活が乱れていて、必要な栄養素が摂れていないデーターも出ています。

神経管閉鎖障害というのは通常では妊娠6週間までにこの中枢神経系の神経管は閉鎖しますが、まれに閉鎖しないことによって生じる胎児先天異常を言います。

日本産婦人科医学会によるとこの神経管閉鎖障害の赤ちゃんは年間500-700人くらい出生していて、2015年もあまり変化がないと言われています。

中には超音波診断でそれが判明されることが多く、人工妊娠中絶も行われているので、実際の数はもっと多いと言われています。

 

妊娠の栄養素はまず葉酸