生活習慣病の現代要因

生活習慣病がとりわけ取り上げられている現代、その原因は様々です。その中で、ストレス、喫煙、アルコールは現代要因と言われています。

ストレスは社会生活の中では避けることができません。

対人関係で生じるストレス、病気や怪我などからだにかかるストレス。暑さ、寒さなど環境のストレスなどがあります。

これらのストレスが解消されないとからだに影響を及ぼし、生活習慣病になることがあります。
有休休暇はそのためにもあります。休暇をうまくとっていますか?

喫煙はガンを引き起こしたり、動脈硬化を進めたり、さまざまな悪影響を及ぼします。

ストレス解消のために喫煙をするという声を聞きます。
ストレスが解消できて気分転換になるかもしれませんが、健康には非常に大きな害をもたらしています。

さらに1度、タバコを吸う習慣が身につくとなかなか止められなくなります。
健康のためには禁煙が賢い選択ですね。

適度のアルコールはからだにはよいと言われています。

ストレス解消。また善玉コレステロール増加などからだによい面があります。でも、適量を超えるとアルコールも生活習慣病を引き起こす要因に変わります。

 

酵素不足による症状