老人人口の増加とともに増えます

MCIとは軽度認知障害と言われる認知症(これから更に増えるでしょう)の前段階のような状態や症状をさすものです。このMCIをふくめた認知症(これから更に増えるでしょう)患者とその予備軍の数は、65歳以上の老人人口の実に約4分の1もの割合になると言われています。更に数年後にはこの割合が3分の1に増加すると考えられています。

アルツハイマー(女性患者が多い)と俗に呼ばれている病気はブレインの中側にアミロードΒ(ベータ)というタンパクがたまっていき普通の状態の神経内細胞が壊れていき、ブレインが萎縮してしまうのが主たる原因だと研究で究明されています。

悔しいところですが件のたんぱく質がのさばる要因は明らかにはハッキリ理解されていません。脳血管異常タイプ(男性患者が多い)の認知症(これから更に増えるでしょう)にはだいたい男の人の患者数が多くなると言われています。その一方で、アルツハイマー(女性患者が多い)タイプの認知症(これから更に増えるでしょう)には女の人の患者が多くなると言われています。

認知症の予防食事