認知症の広がりについて

アルツハイマー(女性患者が多い)と呼称される病の症状は「ご飯を食べた事すら覚えてない」こんな感じの症状になってきます。一つの例だと食事の後に食べた物を覚えてないのではなく食事したということ自体をまったく忘却している、このようなヤバイ症状です。中期に差し掛かってくると時間的概念を初めとした昔と今現在の理解が及ばなくなりそして深夜にウロついたりするような症状が起こるようになってきます。後期に差し掛かると脳の細胞破壊と死滅がドンドンひどくなり、単語の意味や数ももっと忘れてしまい語彙能力が低下して話すらできなくなる、こういった症状が頻繁に目立つようになります。
MCIの意味は軽度認知障害という認知症(これから更に増えるでしょう)の1ステップ前の段階のような病気の事を意味するワードです。

MCIまでもを考慮した認知症(これから更に増えるでしょう)のにかかっている方の数は、65才以上の年寄り人口と言われる数の実に約25%もの人数にのぼるというのは有名な話です。後数年も経てばこの割合が三分の一に増えていくのでは、と考えられているんです。
脳血管型(男性に多い)の認知症(これから更に増えるでしょう)は一般的に男性の患者が多いといわれています。一方で、アルツハイマー(女性患者が多い)型の認知症(これから更に増えるでしょう)は女性の患者数が多いとされています。

認知症 予防 サプリメント