体に障害者を抱えるということは

身体障害者とは、先天的または後天的な理由で、
体の一部に障害を生じている状態のことをいいますが。

18歳以上を身体障害者、18歳未満を身体障害児と区別して呼びます、
身体障害者福祉法の対象者は身体障害者ということになります。
従って、同じ障害をもち続けていても、満18歳を区切りに
行政サービスが一部異なることもあるんです。
身体障害の区分は
四肢欠損による肢体不自由、脳の障害による脳性まひ、視覚障害、
聴覚障害、心臓病、呼吸器機能障害などが挙げられています。
先天的に身体障害を持つ人には、知的障害を併せ持つ人もいます。
このことをを重複障害といわれています。
また複数の部位に、身体障害を持つ人もいます。
身体障害者の中でもっとも多い障害は、肢体不自由で全体の約半数を占めます。
また、増加しているのが内臓の働きが低下したことによる内部障害者です。
内部障害者の割合が増えている原因のひとつに高齢化が挙げられています。
これは、内部障害の認定器官が増えたことが理由だと思われます。
高齢者の割合が増加しているため、今後も身体障害者の人数は増えていくものと思われてます。
また障害を隠そうとする風潮が弱くなったことで、障害の認定を受けるようになったことも、
原因のひとつだと考えられてます。
また、体の悩みの中で包茎で悩む人も日本人男性には多いですが
包茎は障害ではありません、包茎手術により完治できるものです。
ひとりで悩まず、一度病院での診療を受けてみてください。
多くの方が包茎手術を受けているそうなのでコンプレックスに思うことはありません。