景気指標

景気指標を分析する上で、GDPが一番重要であり、生産指数や在庫などもチェックしなければいけません。

GDPの大半を占めるのは、個人消費ですが、GDP以外の法人の数字で、その他の項目といえば、

まず、生産指数集積回路というものがあります。こちらは、前年比でどうかという数字になっていて、

粗鋼生産高と同様で、経済産業省が数字を出しています。

広告扱い高に関しましては、3Kと言われるもののひとつで、景気によって、会社にコントロールされやすい

経費の一つです。数字が良ければ、広告費に投資をしているので、景気はいいという判断ができる数字となって

います。こちらは、役所ではなく、電通、博報堂という、日本のトップ広告代理店の数字が基準となっています。

第三次産業(運輸、通信、商業、金融、公務および自由職業、その他のサービス業を含む産業部門)活動指数と

いうサービス業の数字も重要となりますが、こちらは、ある年を100という基準におき、それと比較してどうか

という数字で、経済産業省が数字を出しています。

景気をチェックして結果を出すには⇒FXで失敗しないためにどうすべきか?を知るFX初心者の教科書