朝食を抜くと・・・

朝は忙しいから1分でも1秒でも時間は貴重。
昨日は寝るのが遅くなってしまったから少しでも長く寝ていたい。

だったら、朝食を抜いたほうがいい。なんて考えるひとも多い様です。
でも、朝食には色々な役割があります。

睡眠中は体温が下がっている状態です。その体温を平常値まで上げたり、お通じを促したりするのが朝食の働きなのです。

さらに、睡眠中は予想以上にエネルギーを使います。体内の補修工事もこの睡眠中に行われるからです。
だから朝起きた時にはエネルギー不足状態になっています。

朝食を抜くと、飢餓状態が続き、仕事にも勉強にも能率は悪くなります。
実際に、朝食を抜いた子どもとしっかりと朝食を食べた子どもを比べると、勉強が身に入るといったことにもつながります。

しかし、寝ている間は何も食べない状態が続いているわけですから、その空っぽの胃の中にカロリーの高い肉料理やからあげの様なものを入れるとちょっとまずいかもしれません。

お腹に優しい、野菜中心の食事をすることで、からだにも優しいエネルギー補給になります。

 

酵素飲料 選び方